Author: webmaster | Date: 2011 年 8 月 31 日 | Please Comment!

ご挨拶

日本金型工業会は、昨年に引き続き度経済産業省の推し進める2011年度「JAPANブランド育成支援事業」の一環として「金型ジャパンブランドプロジェクト」を開始いたします。

2010年、金型工業会はJAPANブランド育成支援事業(戦略策定支援事業)に取り組み、会員企業に対するヒヤリングや、国内外の金型ユーザーへのヒヤリングを通じ日本の金型の強みと弱みを明確にし、今後の海外市場への展開に向けて金型ジャパンブランドのコンセプトを策定しました。

今年度は昨年培った金型ジャパンブランドの更なる発展と展開を目指し、以下の通り活動して参ります。



2011年度プロジェクト名称

『 「AAA+A KANAGATA」トリプルエー・プラス・エー金型 ブランド確立プロジェクト』



プロジェクトの目的

「AAA+A KANAGATA = トリプルエー・プラス・エー金型」を金型ジャパンブランドとして確立することにより、国際競争に打ち勝ち、全世界からの仕事の受注を目指す。
日本の金型メーカーは、国際競争力を増すために、その強みであるユーザー志向をより徹底化し、ユーザーがかかえている問題を解決し、ユーザーの仕事の幅を広げ、更にユーザーの利益の拡大に寄与する、+α(プラスアルファ)の提案を行い、+α(プラスアルファ)の信頼を得られる問題解決能力に長けた、ソリューション型企業を目指さねばならない。
そこで、われわれ日本の金型メーカーは、最高級(トリプルA)金型の提供のみならず、ユーザーのかかえる問題や提案を解決する、+α(プラスアルファ)のソリューション力を有する象徴として「トリプルエー・プラス・エー金型」を金型ジャパンブランドと定義し、その確立を目指す。



プロジェクト概要

●今年度事業の内容

・委員会を平成23年6月、平成23年10月、平成24年2月の3回開催する。

・平成23年9月頃、タイとシンガポールの金型ならびに需要動向を、専門家である財団法人機械振興協会 山本聡研究員が調査する。

・平成23年11月、製造業を対象としたASEAN最大の金属加工機器及び工作機械展示会「METALEX2011」 の期間中に、タイ・バンコク周辺において、金型ユーザー、販売代理店、金型メーカーに呼びかけを行い、 参画事業者によるセミナーならびに展示会を開催する(「ジャパンブランド戦略策定支援事業」を担った(株)事業革新パートナーズが、展示会の事前準備、運営、フォローを行う)

・平成24年1月、シンガポールに進出している金型工業会会員企業の協力を得て、シンガポール首都周辺において、金型ユーザー、販売代理店、金型メーカーに呼びかけを行い、参画事業者によるセミナーならびに展示会を開催する(「ジャパンブランド戦略策定支援事業」を担った(株)事業革新パートナーズが、商談会の事前準備、運営、フォローを行う)

●次年度以降の目標と事業内容

・2年目および3年目は、前年の成果を踏まえ、「トリプルエー・プラス・エー金型」のブランド化に最適な地域において、市場踏査、セミナーならびに商談会を開催する。


プロジェクト活動予定

2011/06     第一回推進委員会

2011/11     METALEX (タイ バンコク)

2012/02     シンガポール商談会



事業革新パートナーズについて

株式会社事業革新パートナーズは金型ジャパンブランドプロジェクトの総合プロデュースの委託を受け、活動を開始しました。

代表取締役社長 茄子川仁、及び光行透は、2011年5月27日付けで経済産業省の「金型JAPANブランド戦略策定プロジェクト」の専門家委員に選出され、活動を推進しております。

詳しい情報につきましては下記ホームページをご参照ください。

事業革新パートナーズ(http://www.bipc.co.jp/)